病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医 休診・代診のご案内
入院のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
お問い合わせ先
診療実績・臨床指標
学術活動
臨床研究情報
調達情報
リンク
病院広報誌
ご意見箱
個人情報保護方針
医療安全管理指針
感染管理指針
バリアフリー情報
情報公開

先輩研修医からのメッセージ

【初期研修医2年目(2021年4月) 平田】
kensyuui_hirata毎日、最高の研修生活を送っています(個人の感想です)。最高の研修生活(個人の感想)の中から、この度は、当院の救急外来対応のシステムと、メリハリのある各科ローテーションの内容についてご紹介したいと思います。当院では、救急外来を受診された患者様は、研修医がファーストタッチをさせていただきます。最初のうちは、1年目の研修医と2年目の研修医が2人一組の当番制で対応しますので、無理なく救急対応のノウハウが身に付きます。
また、上級医の先生方やコメディカルの皆様も相談しやすい方ばかりで、重症の患者様への対応についても指導を受けながら経験を積むことができます。救急対応のスキルが徐々に身についていく実感は、研修生活の醍醐味の一つだと思います。
次にローテーションの内容についてご紹介します。現在、私は外科をローテーション中ですが、県内・県外から多数のIBD患者様が受診され、豊富な症例と手術件数があり、多忙ながら充実した研修をさせていただいております。逆に内科ローテーション中には、自己学習の時間を多めに取り、少数の患者様について、じっくりと取り組むような研修をさせていただきました。このように、当院では科によってメリハリがあり、自分の進みたい科に関連のある科に比重をおいてローテーションを計画することができます。バリバリやりたい人、じっくりやりたい人、両方に対応できる病院は意外に少ないのではないかと思いますが、当院では可能です。
まだまだ四日市羽津医療センターでの、研修生活の魅力は語り尽くせませんが、今回はここまでとさせていただきます。毎日、最高です(個人の感想です)。

【初期研修医2年目(2021年4月) 細川】
kensyuui_hosokawa初めまして。私の紹介で当院での研修生活に少しでも興味を持っていただければ幸いです。当院での研修の魅力は大きく3つあると考えています。
まず、研修医が少人数なので多くの症例が経験できますし、基本手技を実践し、身につけることが出来る点です。その上で積極性と気概さえあれば、色々なことにチャレンジさせていただけます。
次に、自分の進路や希望によってかなり自由にスケジュールを組めることも長所だと思います。「この科は6週間の予定だったけれども、もう少し研修したいので伸ばしたい」といったことが許される病院はなかなかないでしょう。
さらに、当院では上級医の先生方からきめ細かい指導を受けることが出来る他にも、コメディカルや事務の方々が優しく見守ってくださり、研修医を育てようとしてくださっているのだなあと日々感じています。この点には本当にいつも助けられています。
初期研修は各々の病院で内容や雰囲気に学生時代思っていたよりも違いがあると感じています。少しでも気になる方は当院に見学にいらっしゃってください。学生時代には「国試後の生活」を想像することは難しく、時間的・精神的に少しハードルが高く感じられるかもしれませんが、気になる病院を見学することは病院選びの軸を作る上でとても重要だと思っています。
なかなか聞けない疑問・質問もあるかと思いますので、ぜひ一度当院にいらっしゃってください。お待ちしております。

【初期研修医2年目(2021年4月) 松本】
kensyuui_matsumoto日々の業務に追われるのではなく、ある程度落ち着いて勉強する時間を持って研修できます。自分のモチベーションや勉強量次第では、通常の研修よりも踏み込んだ手技や病棟管理などを任せていただけることもあります。指導医の先生方やコメディカルの方々は優しく、質問もしやすいため働きやすい職場です。是非一度見学に来て当院の雰囲気を感じてみて下さい。







【初期研修医2年目(2021年4月) 大平】
kensyuui_ohiraこのウェブページを見て頂き誠にありがとうございます。私が当院を選んだのは研修の自由度が高いこと、病院の方々の雰囲気がよいこと、健康管理センターを併設し2次予防に接することができること、救急でFirst touchできることに魅力を感じたからです。
研修では研修医は少人数であるため自分のやりたいことをある程度やることができ、色々なことを自分で自由に選んで研修をすることができます。 また病院にいる看護師さん、技師さん、薬剤師さん等々コメディカルの方々がとても優しく、温かく色々教えてもらうことができます。 当院では健康管理センターを併設しておりそちらでは近隣の会社の方々の健康診断を行っており、そちらの健康診断で要精査とされた方々を初診で診察することができ、2次予防を体験することができます。 また救急ですが当院の救急の症例数は多くはないですが自分がFirst touchすることで一例一例深く学ぶことができます。
長くなりましたが基本的には激務ではなく程よい負荷で研修することができ、自分の自由な時間を確保したい方にはあっている病院だと思います。私も素晴らしい先生方、同期に恵まれ多くの失敗をしながらも多くの経験をさせていただいており、充実した研修医生活を送っております。
興味がある方はお気軽に見学にいらしてください。お待ちしております。

【初期研修医2年目(2021年4月) 吉川】
kensyuui_yoshikawa私が当院を選んだのは研修が少人数であるため上級医の指導を仰ぐことのできる可能性が高いと思ったことと、病院見学に来た際の先生方、コメディカルの方々の雰囲気がとてもよいと感じたからです。実際に、働き始めるとわからないことが多々出てきますが、その際はいつでも上級医の先生に相談できる雰囲気があります。また当院はコメディカルの方々がとても親切なので心臓のエコーの所見がわかないときも技師さんに質問をしにいくとすぐに教えていただけるなどここでは書き切れない程様々な場面で助けていただけることが多いです。また当院の研修では忙しすぎることなくほどよい負荷で研修をすることができます。色々と書きましたが当院の良さは見学に来て実際に来ていただくのが一番わかっていただけると思うので是非一度見学に来てみて下さい。



【初期研修医2年目(2021年4月) 山本】
kensyuui_yamamotoこんにちは。当院における初期研修の魅力について語らせていただきます。はじめに研修全体の流れについて説明させていただきたいと思います。内科・外科などといったメジャー診療科は日本全国の初期研修指定病院と大きな違いはなく、内科6ヶ月・外科2ヶ月が必修となっております。当院の特色としましては、担当の受け持ち患者の治療を主治医と遜色ないレベルで研修医がマネージメントしていけることです。救急外来の窓口から退院時までシームレスに診療ができ、ファーストタッチを行った患者の入院治療をそのまま行っていっています。また、選択診療科期間は十分に設けられていますので、自身の希望診療科の沿ったフレキシブルな初期研修を行うことができます。院内の雰囲気も大変良く、コ・メディカルの方々とも垣根なく盛んに交流を行っています。初期研修医としてだけでなく、新社会人として、困ったことがあれば、医師の先輩方に限らずに頼れる環境があり、社会生活のスタートを切るのにふさわしい場所だと感じています。興味を持っていただけましたら、是非当院にお越しください。一緒に働きましょう。
PageTop