病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医 休診のご案内
入院のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
お問い合わせ先
診療実績・臨床指標
学術活動
臨床研究情報
調達情報
リンク
病院広報誌
ご意見箱
個人情報保護方針
医療安全管理指針
バリアフリー情報
情報公開

婦人科

担当医


診療内容

当科は主に健診に注力し、これを通じて診療にあたっている。今回は特に健診センターから受健者に届ける要精密検査とそのフォロー(精査)の流れについて紹介する。
婦人科健診の主眼は子宮頸がん検診であり、当センターにおいては他に内診、経膣超音波断層法をほぼ全例に施行している。よって精査対象となる疑い(病名)は細胞診異常、腫瘍性病変の可能性、その他ということになる。

【主眼となる細胞診異常とその精査】
当院では世界基準にあわせ、べセスタシステムによる子宮頸部細胞診判定を導入している。ASCUS、ASC-H、LSIL、HSIL、SCC、ADCという略号を用い、細胞診異常を判定する。ここでASCUSのカテゴリー群については、子宮頸がんの大半(95%以上)はヒトパピローマウイルス(HPV)持続感染による細胞変化から異型細胞を経て癌化すると考えられていることから、二次検査の前のステップとしてHPV検査を行うのが推奨されており、精密検査においても説明同意後、これを行っている。HPV陽性者については二次精密検査に移行する。HPV陰性者については(まれにHPV非検出者においても異型細胞が出現するため)、間をあけての細胞診再検を勧めている。

【細胞診異常に対する二次精密検査】
細胞診異常例に対して(むろん、外来受診者への細胞診検査、他施設からの紹介患者例もあるが)、学会推奨基準に準拠し、外来にて二次検査を施行する。すなわち、コルポスコープ下、狙い組織生検である。これにより、CIN分類が得られる。これは1~3に分かれるが、CIN3はのちの癌化率が高い(旧分類高度異形成異常)ので治療域と考えらている。治療は病変部位のみを広く採る子宮頸部円錐切除術が通常適応となり、当院では3泊4日くらいの入院
で行っている。         
他の症例については画像診断なども併せ、進行期を推定、適応する加療を要することとなる。

【その他の要精査判定への二次検査】
健診時点での疑い病名としては、子宮筋腫、子宮内膜症、卵巣嚢腫、卵巣腫瘍の卵巣腫大性疾患疑い、子宮頸管ポリープ、多発頸部嚢胞、子宮内膜肥厚といったものがあげられる。子宮筋腫、卵巣嚢腫については小さい物まで含めるとかなり多くなるので、サイズ、位置、見え方、ageなどを加味して、健診担当医の判断で要精査、経過観察、軽度異常に篩い分けている。外来精査ではエコー再検、MRIなどの追加検査を行っている。特に卵巣子宮内膜症(チョコレートのう胞)はMRIの診断価値が高く、小さなものでもフォローや年齢症状によって投薬治療などの介入を要することが多い。
なじみが薄いと思われるのが最後の「子宮内膜肥厚」であろう。健診では細胞診チェックを行えない子宮体癌の一次スクリーニングともいえる。通常、子宮内膜が菲薄化するはずの閉経後数年経過対象では5mm程度以上の内膜の厚み、月経のある年齢層では15~20mm以上で要精査対象とする場合が多いが、像の不整や液体貯留像合併なども加味して判断する。二次精査としてはエコー再検、内膜細胞診、吸引組織診などを行い、必要に応じて半日入院、麻酔下の子宮内膜全面掻爬を行っていく。

実績

■2018年度の実績
2018年4~9月の実績として当院への精査目的受診者数は114件であった。①ASCUS13名。 ②ASC-H、LSIL、HSIL7名(旧分類クラスⅢ)、③悪性病変を強く疑う細胞が出現(旧分類クラスV)が2名であった。②③はいずれも直ちに二次精密検査の対象となった。その内CIN3は2例であり、説明同意後、年内の手術に至っている。その他の症例については画像診断なども併わせ、進行期を推定、適応する加療を要することとなる。この他、詳細は略するが、紹介を含め期間内に11名の手術加療を、他にも投薬治療を行っている。
PageTop