病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医 休診のご案内
入院のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
お問い合わせ先
診療実績・臨床指標
学術活動
調達情報
リンク
病院広報誌
ご意見箱
個人情報保護方針
バリアフリー情報
情報公開

小児科

担当医


特色

四日市市北部に位置する当院小児科は地域に根ざした小児科として午前中の一般診療のほかに午後は専門外来として予約制で予防接種外来・乳児健診 および慢性疾患外来行っています。また入院施設も備えているため開業医や応急診療所からの紹介患者の受け入れも行っています。予防接種外来では乳幼児の定 期予防接種のほか海外赴任や海外旅行のための成人に対する狂犬病ワクチンなどの予防接種も行っています。乳児健診では看護師、栄養士、助産師とも連携し乳 児期の諸問題に対応しています。慢性疾患外来では気管支喘息・アトピー性皮膚炎等のアレルギー疾患、腎疾患、心疾患、低身長、神経疾患などの患者さんを診 ています、また小児のリハビリテーションも行っています。

検査

CT、MRI、RI検査、心エコー、トレッドミル、呼吸機能検査、脳波、発達検査など行っています。

乳児健診の特色

  • 成長のステップごとに、お子様の発育・発達を診察します。
  • 病気への対処の仕方、事故の予防、予防接種のことを看護師がお話します。子育てについての悩みや相談を臨床心理士あるいは小児科医師がお受けします。
  • 母乳栄養をすすめています。おっぱいの利点や日ごろのケア、卒乳について、助産師がご相談いたします。
  • 栄養や離乳食のことを栄養士がお話します。
  • お母様の気持ちも大切にし、生後4カ月までのお母様には産後のこころの健診を行います。こころの不調で苦しむお母様には、母子精神保健外来と共に支援をいたします。
  • 子育てに関する地域の情報を発信していきます。
  • 三種混合などの予防接種を健診時にも行い、乳児期の予防接種を受けやすくします。

乳児健診のご案内(完全予約制)

定員
1回10名
時間
毎週月曜日(午後1時までにおいで下さい)
連絡先
059-331-2000(代表)小児科外来看護師まで
(完全予約制です。なるべく1カ月前までに予約をお取り下さい)
料金
4ヶ月児、10か月児は、市町村の乳児健診予診表があれば無料
3か月児、7か月児、1歳児、2歳児は、2500円
内容
身体計測・発育、発達の診察・予防接種・子育て支援
産後のこころの健診(生後4ヶ月児までのお母様)
3ヶ月
股関節健診(整形外来で行います)
4ヶ月
4ヶ月になってから、5か月になる前に受けてください産後は心の不調があらわれやすい時期ですので、4ヶ月までのお母様には「産後のこころの健診」も行っております。
7ヶ月
乳食をはじめる時期です。お座りができるようになると、赤ちゃんの世界がぐっとひろがります。ハイハイやずりバイを するようになるので、危険がないか、家のなかをチェックしましょう。お母様にもらった免疫がつきて、病気にもかかりやすくなります。発達では、寝返りやお 座りの様子、軟語がではじめているかなどを確認します
10ヶ月
10ヶ月になってから、11ヶ月になる前に受けて下さい。離乳食の量や回数が増えてきます。つかまって立ち、つたって歩きだすころなので、家の中での事故防止につとめましょう。
1歳
バランスのとれた食事や外遊びが大事です。ことばや情緒の発達のために、お子さんと同じものを見て、一緒に感動し、話しかけることを心掛けましょう。
MR(はしか・風疹)予防接種を一緒にお勧めしています。卵アレルギーなどある場合は、受けられないことがありますので、事前にご相談ください。
10ヶ月健診で気になることがあったり、発育・発達で気になることがある時は受けて下さい。
1歳半
各市町村の保健センターなどで行っています。
2歳
1歳半健診で様子をみましょうと言われたり、発育や発達で気になることや、子育てで心配なことがある時は受けて下さい。
3歳半
各市町村の保健センターなどで行っています。
持ち物
母子手帳・診察券・市町村の問診表(4ヶ月児、10か月児)・予防接種予診表(健診時に予防接種を受けられる方は記入してお持ち下さい)
服装
脱ぎ着しやすいもの(病院内は、冬でも暖かいため、大人の方も暑くなったら薄着になれる服装がよろしいかと思います)
ご注意
体調を崩したり、感染性の病気にかかったりしているお子様は、他の方への感染予防の観点から別の日程に振り替えて行います。その場合は、小児科外来までご連絡ください。

予防接種について

生後2か月から予防接種は受けられます。小児科外来では、健診と予防接種の日程を立てるお手伝いをしていますので、お気軽にご相談ください。(健診の際にも予防接種は行っております)

予防接種について


小児リハビリテーションについて

お子様の発達を、お子様の目線でサポートします。ご家庭の中にもリハビリの要素は多く含まれています。親御さんへのアドバイスにも力を入れています。見学だけでもかまいませんので小児科外来までご相談下さい。

小児リハビリテーション(pdf)


理学療法目的 さまざまなしせいや運動を経験することで日常生活動作のレベルアップをはかり、お子様の成長をサポートします。
方法 ねがえり・よつばい・すわる・たつ・あるくなどの練習やアドバイスを行います。
作業療法目的 からだやこころの発達や行動の調整、感覚や認知の発達をサポートします。
方法 さまざまな感覚刺激あそびを通して、まわりの人とのかかわりかた・食事・きがえのしかたなどの練習をします。
連絡先
059-331-2000(代表)小児科外来看護師まで

母子精神保健外来の特色

産後はストレスのかかりやすい時期です。からだのホルモンの急な変化に加え、赤ちゃん中心の生活がはじまり、お母様にはいろいろな心の不調がお こりやすい時期です。そして、産後の心の不調は、早期に治療しないと長引くケースが多いのです。家族の協力で、体の静養をとることもとても大切ですが、専 門機関での相談や治療を必要とする場合が多いのです。産後になまけ病・肥立ちが悪いなどと言われているお母様、体調が悪くても病院の検査で問題なしと言わ れている体調の悪いお母様、ご相談にいらしてください。こうした外来は全国でも数少ない母子精神保健の専門外来です
PageTop