病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医 休診のご案内
入院のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
お問い合わせ先
診療実績・臨床指標
学術活動
調達情報
リンク
病院広報誌
ご意見箱
個人情報保護方針
バリアフリー情報
情報公開

循環器科

担当医


特徴

当科では、主に心臓病をはじめとして全身の血管にいたる病気を診療の対象としています。これらの病気は近年益々増加してきており、当院では 多様な循環器疾患に対して、より高度で迅速な診療と、患者様に対し適切でかつ負担の少ない治療をするよう心掛けています。循環器外来では、血液検査、レン トゲン、心電図(安静・運動負荷)、心臓超音波、24時間ホルター心電図、冠動脈CT、MRI、ABI(足関節/上腕血圧比)などの中から必要な検査を行 い、正確な診断そして最新で適切な治療を提供いたします。

主な対象疾患

  • 虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞)閉塞性動脈硬化症
  • 心臓弁膜症
  • 心不全
  • 不整脈
  • 高血圧、高脂血症、メタボリック症候群

患者さんへ

循環器疾患は、緊急に対処する必要がある場合が多いので、以下のような症状のある方は早めに受診されることをお勧めいたします。特に、胸痛を自覚される方は一刻も早く治療が必要になる場合があります。

胸痛発作

胸のしめつけられるような痛み、やけつくような感じ、圧迫される感じなど人によりさまざまです。喉、左肩、胃のあたりの痛みのこともあります。このような症状の時は、狭心症や心筋梗塞の可能性があります。早急に受診して下さい。

動悸

脈が速く、ドキドキするような感じで、不整脈の可能性があります。不整脈の中には脈が早くなるものだけではなく、非常に遅くなるものもあります。

呼吸困難

息が苦しく深呼吸が出来ない、また咳が続いたり、少し歩くとゼーゼーする。このような場合は、心不全が考えられます。特に、あお向けになって寝ると息苦しく、座ったほうが楽になるといった様な場合は、心不全が進行している場合がありますので、早めの受診が必要です。

背部痛

突然背中に激痛が生じ、その痛みが移動した。このような場合は、解離性大動脈瘤が考えられます。とくに高血圧のある方はすぐ救急受診をしてください。

間歇性跛行

数百メートル歩くと足が痛くなり、休むと楽になる。このような場合は下肢動脈の狭窄(下肢閉塞性動脈硬化症)が疑われます。

診療機器紹介

色々な循環器疾患に対応できる最先端の機器・設備が揃っています。最新かつ高度な医療技術をもって、患者さんに負担をかけず、スピーディかつ正確な、検査・診断・治療を提供します。

チーム医療

チーム医療当 院では、医師だけではなく、看護師、臨床工学技士、放射線技師、生理検査技師、薬剤師、事務職員など、全てのスタッフによるチーム医療を重んじています。 心臓カテーテル検査・治療をはじめとして、色々な場面において、全員がチームの一員として適切に各自の役割を果たす「チームプレー」を行うよう日々努力し ています。
PageTop