病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医 休診のご案内
入院のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
お問い合わせ先
診療実績・臨床指標
学術活動
臨床研究情報
調達情報
リンク
病院広報誌
ご意見箱
個人情報保護方針
医療安全管理指針
バリアフリー情報
情報公開

沿革・概要

沿革 ↓年表 ↓概要 ↓患者状況の推移 ↓施設認定


沿革

当院について 今から約400年の昔、元亀年間この地に森与エ門盛景が医を業として中興して以来、森家は代々名医として知られていた。明治20年にいたり、森正道という 医師が先代森玄栓の養子として迎えられた。森正道医師は、明治30年羽津病院を創設した。氏は内科及び外科医学を研究するために2回ドイツに留学し、明治 42年医学博士の学位を授けられた。

帰国後夜盲症や脚気が栄養不良に起因することに気づいてビタミンの研究を進め、また俗称小町病(膣欠損症)のため森式造膣術を創始するなど内 科、外科、婦人科と多額域にわたって患者の治療に画期的な業績をあげた。病院の名声は次第に高まり診療を請うもの遠く県外からも集まり門前市をなすの盛況 を呈するに至った。同医師没後、森玄栓氏が引継いだが、同氏は医師ではなかったので、第二次世界大戦による医師不足などにより存続不可能になっていたとこ ろ、昭和20年5月31日、同氏から厚生省が50万円で買収した。当時70床(一般60床、伝染10床)であった。同年6月1日厚生省はこれを日本医療団 三重県支部に経営を委託、産業戦士の診療を目的として開設した。
これが全国社会保険病院の第1号病院として一歩を踏み出した嚆矢となった。その後終戦となり、昭和22年5月31日に日本医療団の解散に伴い、厚生省内の 財団法人社会保険協会の直営病院に移管、名称を社会保険羽津病院として再発足した。これが現在49を数える社会保険病院の第1号である。その後昭和28年 4月1日経営が三重県社会保険協会に移管されたが、昭和33年9月社団法人全国社会保険協会連合会(全社連)に統合され、今日に至っている。

この間結核患者の減少に伴い一般病院として模様替えを行い施設の整備、診療科の増設などにより昭和44年2月に総合病 院の承藩を受けた。当院は健康保険法に基づく国の施設であり、経営は全社連に委託されている国有民営の独立採算の方式をとる社会保険病院の1つであるが、 四日市市の北部を主な診療圏としているため住宅、道路などの開発が目覚ましく、患者の増加が見込まれるため昭和48年6月1日人工腎センターを開設、昭和 53年度より健康管理センターが発足し、地域住民や被保険者の疾病予防に三重県下をくまなく健診バスが走っている。
昭和58年3月より病床250床に増床された。平成2年健康管理センター棟が完成、平成8年社会保険羽津病院から四日市社会保険病院に改称、その後別表の ごとく変遷を重ねて現在に至っている。病診連携も大切にしているので、近隣の開業されている先生方からのMRI、CT等の依頼も多く、平成18年には PETも導入され、糖尿病センターも開設され、更なる飛躍を期待される。


年表

明治30年 四日市社会保険病院の前身である羽津病院を設立
昭和22年5月 社会保険病院の第一号として、社会保険羽津病院となる
昭和44年2月 総合病院の承認
昭和48年6月 透析センターを設立
昭和53年 健康管理センターを設立し細々と営業開始
昭和59年4月 現在の病院棟新築完成
平成2年3月 健康管理センター棟新築完成
平成7年3月 MRI導入
平成8年4月 社会保険羽津病院から四日市社会保険病院に改称
5月 介護老人保健施設「サンビュー四日市」を併設
平成9年4月 神経内科の開設
7月 皮膚科の開設
平成10年3月 大腸肛門病IBDセンターを設立
平成12年10月 病院機能評価機構認定証取得Ver2.0
第1回 病院祭を開催
平成13年4月 地域連携室「すずらん」を開設
平成14年11月 第2回病院祭を開催
平成15年6月 女性外来開設
平成16年10月 第3回病院祭を開催
平成17年4月 医療安全室及びメデイエーション室ウインウイン開設
平成18年3月 病院機能評価受審Ver5.0
PET装置導入
5月 糖尿病センター開設
10月 第4回病院祭を開催
12月 院内保育所「こあらんど」開設
平成19年1月 地下水災害時供給契約
5月 MRI更新
平成20年5月 64列マルチスライスCT導入
7月 病院内コンビニエンスストア開設
9月 特殊血液洗浄室開設
10月 320列マルチスライスCT導入
第5回健康フェステイバル開催
平成21年4月 電子カルテシステム導入
平成22年10月 第6回健康フェスティバル開催
平成23年4月 病院評価機構認定証取得 Ver6.0
平成24年1月 三重県がん診療連携推進病院認定
平成24年1月 訪問看護ステーション開設
平成24年6月 地域医療支援病院認定
平成24年10月 第7回健康フェスティバル開催
平成25年12月 災害医療支援病院指定
平成26年4月 四日市社会保険病院から四日市羽津医療センターへ改称
平成27年4月 地域包括ケア病棟、ハイケアユニット病床開設

概要

設立 昭和22年6月
規模 建築面積:3,696㎡
建床面積 14,786㎡
病床数 226床
外来患者数
(平成29年度)
平均外来患者数 538.7名/日
入院患者
(平成29年度)
平均入院患者 155.6名/日(病床稼働率 76.6%)
平均在院日数
(平成29年度)
平均在院日数 11.5日
手術件数
(平成29年度)
手術件数(手術室) 1,495件(麻酔科管理症例 632件)
構成職員 医師、薬剤師、管理栄養士、診療放射線技師、臨床検査技師、理学療法士、作業療法士、臨床工学技士、保健師、看護師、准看護師、臨床心理士、視能訓練士、社会福祉士、事務員、調理師、ボイラー技士
常勤医の人数
(平成28年度)
医師数52名(初期研修医7名)
常勤
医師構成
(平成28年度)
内科 21名、循環器科 3名、外科 9名、呼吸器外科 1名、整形外科 3名、
小児科 2名、婦人科 1名、麻酔科 2名、眼科 1名、泌尿器科 2名、
放射線科 1名、健診センター 6名
診療科目 内科、消化器内科、消化器外科、循環器内科、外科、肛門外科、小児科、麻酔科、整形外科、婦人科、泌尿器科、眼科、放射線科、呼吸器外科、耳鼻咽喉科、皮膚科、精神科、リウマチ科、緩和ケア外科、病理診断科、脳神経内科
糖尿病センター、大腸肛門病センター、IBDセンター、内視鏡センター、透析センター、リハビリテーションセンター、尿路結石センター

患者状況の推移


外来患者状況の推移

  H27年 H28年 H29年
平均外来患者数
651.2
585.0
538.7
外来患者延数
158,249
141,403
131,439
初診患者数
14,031
13,763
11,593
紹介率
55.4%
66.4%
64.9%
紹介患者数
6,931
6,956
6,423
救急車受入数
1,028
1,027
1,037
病診検査数
2,834
2,695 2,846
逆紹介数
9,436
9,436
9,192

入院患者状況の推移

  H27年 H28年 H29年
病床数
235
235
226
平均入院患者数
148.7
154.7
155.6
病床稼働率
76.3%
79.3%
76.6%
患者延べ数
54,290
56,461
56,788
新入院患者数
4,289
4,280
4,111

施設認定

1.日本内科学会認定医制度教育関連病院
2.日本糖尿病学会認定教育施設
3.日本消化器内視鏡学会専門医制度指導施設
4.日本消化器病学会専門医制度認定施設
5.日本消化管学会胃腸科指導施設
6.日本肝臓学会認定施設
7.日本透析医学会教育関連施設
8.日本腎臓学会研修施設
9.日本循環器学会認定循環器専門医研修施設
10.日本心血管インターベンション治療学会研修関連施設
11.日本リウマチ学会教育施設
12.日本外科学会外科専門医制度修練施設
13.日本大腸肛門病学会専門医認定施設
14.日本消化器外科学会専門医制度指定修練施設
15.日本乳癌学会認定医・専門医制度関連施設
16.日本整形外科学会専門医制度研修施設
17.日本泌尿器科学会専門医教育施設
18.日本眼科学会専門医制度研修施設
19.日本麻酔科学会麻酔科認定施設
20.日本病理学会研修登録施設
21.日本臨床細胞学会施設認定
22.日本乳がん検診制度管理中央機構マンモグラフィ検診施設
23.日本ドック学会委嘱研修施設
24.National Clinical Datebase NCD施設
25.日本医療薬学会研修施設
26.日本医療薬学会がん専門薬剤師研修施設
27.臨床検査技師臨床実習指定施設
28.診療放射線技師臨床実習指定施設
29.薬学生実務実習受入施設
30.臨床研修指定病院
31.地域医療支援病院
32.災害医療支援病院
33.三重県がん診療連携病院指定

関連施設


関連施設 お問い合わせ先

四日市羽津医療センター 健康管理センター
  〒510-0016三重県四日市市羽津山町10番8号
  TEL:059-331-1211
  FAX:059-331-0535
四日市羽津医療センター附属介護老人保健施設
  〒510-0016三重県四日市市羽津山町10番8号
  TEL:059-334-3388
  FAX:059-334-3377
四日市羽津医療センター附属訪問看護ステーション
      〒510-0016三重県四日市市羽津山町10番8号
  TEL:059-331-6044
  FAX:059-358-7600
PageTop