病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医 休診のご案内
入院のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
お問い合わせ先
診療実績・臨床指標
学術活動
調達情報
リンク
病院広報誌
ご意見箱
個人情報保護方針
バリアフリー情報
情報公開

泌尿器科

担当医


ポリシー

基本的に隠さず、在るがままを正確に患者様に伝えます。その上で治療を一緒に考えていきます。ただ、患者様の希望があっても、医者としての良心、信念に反する事で、同意出来無い事はその旨を説明し、他院を紹介させて頂いています。

 

取扱い疾患

尿路結石

当院の特徴と致しましては、エコー、CTを確定診断に積極的に用いることが挙げられます。これにより他の合併症の検索、腎実質の状態の把握 も可能です。腎機能の評価はDMSAレノグラムを用いております。そして、何よりもでき得る限り早く治療に移行することを第一に考えております。治療に関 しましては、可能な限り外来でESWL(体外衝撃波結石破砕術)を行い、不可能な症例でも内視鏡治療を中心に『切らずに治す』ことを特徴としております。 外来ESWL初回治療での治癒率は、65%です。また経尿道的尿管結石砕石術(TUL)の症例数、治療成績も全国レベルでトップクラスの成績です。(私が 当院に赴任致しまして約15年になりますが、結石で開放手術を行った患者さんは0例です。)

 

尿路悪性腫瘍

当院には放射線治療機器が無いため、診断がついた時点で、必要な場合には、愛知県立がんセンター、市立四日市病院、三重県立総合医療センター、三重大学医学部附属病院等に積極的に紹介させていただいております。

 

その他の疾患

前立腺肥大症に対しましては、将来的に腎機能を損なうか否かの予想を診断の中心に置き、尿流量測定、エコーでの残尿測定、排尿時膀胱造影、 経腸的エコーによる前立腺体積の測定等でその診断を行っております。また、治療は経尿道的前立腺切除術を蒸散法にて行い、開腹手術は出来るならば回避して おります。その他の疾患に関しましてもスタンダードな診断治療を行っておりますし、当院で対応不可能又は明らかに他院を受診した方がメリットがある場合に は、積極的に紹介させていただいております。


治療実績

当科に於ける治療対象疾患の中心は尿路結石及びそれに合併する疾患(感染、腎後性腎不全等)であり、これらの経験症例数、治療成績に関しましては三重県下で一二を争っております
PageTop