病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医 休診のご案内
入院のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
お問い合わせ先
診療実績・臨床指標
学術活動
臨床研究情報
調達情報
リンク
病院広報誌
ご意見箱
個人情報保護方針
医療安全管理指針
バリアフリー情報
情報公開

消化器内科

担当医

診療内容

当科では、地域住民の皆様に消化器疾患の最新の医療を提供することをモットーに日夜診療に励んでいます。消化器内視鏡件数においては、グラフの通り三重県内で有数の実績を誇っています。

1.消化管疾患について
 消化管疾患の早期診断と、近年は早期癌の内視鏡治療に力を入れています。従来の粘膜切除術に加え、粘膜下層剥離術を積極的に取り入れることで、粘膜内癌に関してはサイズに関係なく内視鏡治療で完結できるようになりました。また今までは検査困難であった小腸に関してもカプセル内視鏡やバルーン内視鏡を導入し、現在は全消化管疾患の診断・治療が可能となりました。

2.胆・膵疾患について
 かねてより実績のある胆石症・総胆管結石・膵石症・慢性膵炎の診断治療に加えて、高解像度の電子ラジアル型超音波内視鏡システムおよび超音波内視鏡下穿刺細胞診の導入以来、小さな膵癌・胆道癌の早期発見に力を入れています。

3.肝疾患について
「肝疾患で命を失わない」を大切に考え診療を行っています。C型肝炎に対してはインターフェロを用いない経口抗ウイルス製剤を積極的に導入しています(56例/3年)。最近では肝硬変症例にも適応が拡大されており肝癌治療後や非代償性肝硬変にも治療を行っています。B型肝炎に対してはウイルス量と年齢を考慮してインターフェロンと経口抗ウイルス剤を使い分けています。
最近増加しているNAFLD(非アルコール性脂肪性肝疾患)に対しては進行性であるNASH(非アルコール性脂肪肝炎)の診断のため肝生検を積極的に行っています。何れの成因からも進展する可能性がある肝硬変に対してはその合併症である食道・胃静脈瘤に対する内視鏡的治療やIVR治療を行っています。又、難治性腹水症には腹腔静脈シャント造設を行っています(13例/2年)。
慢性肝疾患症例では肝細胞癌の早期発見に努め各種画像検査を適切な頻度で行っています。肝細胞癌が発見された場合にはRFA(ラジオ波焼灼術:59例/3年)、肝動脈塞栓術、肝切除、抗癌剤治療を各症例の病態を考慮して選択しています。

実績

syokakinaika-zisseki2018
naisikyo-zisseki2018
PageTop