病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医 休診のご案内
入院のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
お問い合わせ先
診療実績・臨床指標
学術活動
調達情報
リンク
病院広報誌
ご意見箱
個人情報保護方針
バリアフリー情報
情報公開

IBDセンター

担当医


取扱い疾患

IBD(炎症性腸疾患:潰瘍性大腸炎・クローン病)

食事など生活様式の欧米化により本邦でもIBD(炎症性腸疾患:潰瘍性大腸炎・クローン病)の発生頻度が急増しています。
IBDは若年者に好発し、治癒することがない慢性疾患の為、治療法が適切でないと患者さんの生活の質(QOL)が著しく損なわれます。当院は、県内唯一の 「IBDセンター」を開設しており、患者会や難病相談会を始め多くの啓蒙活動を行っています。現在、潰瘍性大腸炎500人、クローン病300人が当院の IBDセンターで加療されています。
IBDの治療の進歩は目覚しく、生物学的製剤(レミケード・ヒュミラ)や免疫調整薬(イムラン・プログラフ)は大きな効果をもたらしました。
また、炎症を悪化させている白血球を選択的に除去する血球成分除去療法も広く行われるようになりました。
当院でもこれらの新薬や新しい治療法を導入することで、治療成績は大きく向上しています。しかし、生物学的製剤や免疫調整薬には重篤な副作用があり、長期 の使用に関しては安全性に不安が残ります。したがって、最新の内科的治療を駆使しても治療困難な場合には、適切な時期に手術を行う必要があります。最近、 腹腔鏡技術の導入により術後の傷跡が小さく目立たないことや痛みが少ない手術が可能になりました。傷跡が目立たないことは、若年者の多いIBD患者にとっ ては大きなメリットです。満足度の高い手術を行うことで患者さんの手術に対する抵抗も少なくなり、早期の社会復帰が可能になりつつあります。当院では IBDに関する詳細なホームページを作成しており、多くの患者さんに利用していただいています。是非ご覧ください。

IBDの最新治療についてはこちら

 
  1. 三重県下で唯一のIBD専門センターを有し、県内外から多数の患者さんが訪れておられます。現在、潰瘍性大腸炎500人、クローン病300人の患者さんが当院IBDセンターで加療中です。最近は治療困難症例やセカンドオピニオンを求める患者さんが多く紹介されます。
  2. みえIBD患者会や難病相談会などで、定期的に講演会や料理教室などを開催して患者さんやご家族を対象にIBDの教育や啓蒙活動を行っています。患者間の交流を深める活動も行っています。
  3. 治療は、医学的根拠と豊富な経験に基づいて行い、従来の基本的な治療法に加えて最新の治療を導入し、常に診療レベルの向上を目指しています。また、各患者の状況に合わせたオーダーメード治療も心がけています。
  4. 治療原則は、患者のQOL(生活の質)を最重視して速やかに治療を開始し早期に寛解に導き、寛解の期間を可能な限り長くすることです。しかし、必要な際には手術を早期に行い、患者さんの早期の社会復帰を目指しています。
  5. 薬剤に関しては、各種薬剤の有効性と副作用を充分考慮したうえで治療を進めます。とくに副作用の可能性があるステロイドを漫然と投与しな いことをこころがけています。最近では、免疫抑制剤を有効に用いることで、多くの患者さんでステロイド依存状態からの離脱に成功しています。また、生物学 的製剤であるレミケードやヒュミラも適応症例には早期に導入して、有効性を長期間にわたり最大限に引き出せるように最近では補助療法を加えています。
  6. 顆粒球除去療法も重症になる前の早期の段階で導入して、ステロイドの投与量を最小限に抑えることに成功しています。また、ステロイド依存 症の患者さんに用いることにより、ステロイドの離脱に成功しています。 最近はできるだけ早期に寛解導入させることを目的に連続5日法を行っています。
  7. 臨床症状の評価とともに内視鏡検査などの画像検査を積極的に診断治療に取り入れ、粘膜病変の評価を治療に取り入れています。とくに内視鏡 検査は患者さんの病態に合わせて迅速に専門医が行える体制を整えています。また、癌の早期発見目的の内視鏡検査も積極的に行っています。
  8. 外科医が診療にあたっているため、手術は必要時に速やかに行える体制が整っています。手術は、IBDの手術経験が豊富な外科医が行い、原 則的に、腹腔鏡を用いて、創が小さく整容性の高い、しかも術後の疼痛が少ない手術を行っており、とくに若年女性の患者さんの満足度が高く非常に喜んでも らっています。出血量が少なく術後合併症の頻度が低いのが当院の手術成績の特徴です。とくに小腸クローン病では狭窄形成術(腸管を拡げるだけで、切除を避 ける術式)を可能な限り用いて短腸症候群(小腸が短くなってしまい点滴が必要になる状態)の防止をこころがけています。
  9. 肛門手術に関しては、1000例以上の経験を持つ肛門外科医が担当し、可能な限り肛門機能を温存させる保存的な術式(シートン法など)を行っています。
  10. 多くの新薬や新しい治療法の治験や臨床研究に参加しており、海外の施設とも共同で研究を進めています。臨床データを国内外の学会で報告し、論文も欧米の医学雑誌に多数掲載されており高い評価を受けています。
PageTop