病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医 休診のご案内
入院のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
お問い合わせ先
診療実績・臨床指標
学術活動
調達情報
リンク
病院広報誌
ご意見箱
個人情報保護方針
バリアフリー情報
情報公開

腎・透析科

担当医


概要

三重県に少ない腎臓専門病院として最新の治療に努めています。日本腎臓病学会と日本透析医学会の教育認定施設であり、他院への情報の発信源となることを目指しています。

尿蛋白健診外来

腎臓は"沈黙の臓器"ともいわれており、ほとんどの腎障害には自覚症状がありません。その為、血液検査や検尿で異常を指摘されても放置され る事が多いのです。放置したまま腎不全に陥ると人工透析や腎移植に頼らなければなりません。積極的な早期発見・早期治療に努める為、当院の健康診断検査 データにて尿蛋白(2+)以上の患者さんには御連絡させて頂き受診を勧めています。無症状で尿蛋白だけが陽性であるなど初期の患者さんを対象に、積極的に診断治療を行っています。この中から全国的にも珍しい病気を発見しました。 水谷 安秀 水谷 安秀

腎生検(腎炎、糖尿病性腎症)

腎生検では通常の光学顕微鏡による検索(HE、PAS染色)及び螢光抗体法は当院で行っています。また、日本の腎臓病学の権威である重松秀一名誉教授の御厚意で、信州大病理教室で全例に電子顕微鏡的検索を行っていただいており、質的に高い診断基準、治療を行っています。

食事外来

糖尿病や透析導入前の保存期の患者さんへの食事療法です。栄養士による糖分・塩分のコントロールを中心とした食事指導、薬剤師による服薬指導など、チームスタッフとして積極的に取り組んでいます。 食事療法外来の風景(食事療法外来の風景)

糖尿病性腎症

インスリンを含む従来の糖尿病治療薬にインクレチン関連製剤が加わり、糖尿病の治療が大幅に変化しました。また食後高血糖など糖尿病初期に積極的に治療を行うことが糖尿病性腎症など合併症対策 に極めて重要であることがわかってきました。薬剤師、栄養士の協力を得て実際に昼食を食べながら最新のトピックを聞いてもらっています。また患者さん同士の体験に基づいた話は実際的で医療関係者からの指導より効果があると好評です。

慢性腎臓病(CKD)

腎臓保護作用のある降圧剤を内服し、血圧を130/80前後に保ち食塩を制限し蛋白を必要最低限にすることで、慢性腎炎など慢性腎臓病の進行を遅らせることが知られています。糖尿病性腎症の教室と同様食事を食べてもらいながら、各自の工夫を紹介して もらっています。みなさん顔見知りになり、出席するのが楽しみだと言ってもらえるのはうれしい限りです。
PageTop