病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医 休診のご案内
入院のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
お問い合わせ先
診療実績・臨床指標
学術活動
調達情報
リンク
病院広報誌
ご意見箱
個人情報保護方針
バリアフリー情報
情報公開

高度医療機器

高度医療機器のご案内

高度医療機器による主な検査紹介

320列CT
320列CT

三重県下で初導入。特に心臓の冠動脈CT検査では、不整脈や息止め不良でも撮影が可能となり、被ばくや造影剤を少なるすることが可能です。詳細はこちら
1.5T MRI
1.5T MRI

撮影時間も短くなり、豊富なバリエーションでの撮影が可能です。脳ドックや整形外科領域では、重要な役割を果たします。詳細はこちら
PET
PET

一度の検査で、ほぼ全身における「がん」の早期発見や、良悪性の鑑別診断・病期診断・転移・再発診断に役立つ検査装置です。詳細はこちら
多用途血管連続撮影装置
多用途血管連続撮影装置
最新の高精細FPDにより、低被曝で全身の検査が可能です。また高性能コーンビームCTにより、検査・治療(TACE)の適応を広げ、高精度の検査が可能です。
シンチグラフィ
シンチグラフィ
RI検査とも呼ばれ、放射性医薬品を利用し各臓器の機能、全身骨の状態、脳や心筋の血流状態を調べる検査です。
循環器専用血管造影装置
循環器専用血管造影装置
2方向同時撮影可能なバイブレーン型FPD方式により、低被ばくで安全確実な検査・治療が行えます。
消化管造影検査
消化管造影検査
最新のデジタルX線TV装置で、胃X線検査や注腸検査において、小さな病変を鮮明に描出します。
マンモグラフィ
マンモグラフィ
最近、乳がん患者は増加傾向にあります。当院では認定を受けた女性放射線技師より安心して検査を受けて頂けます。
X線骨密度測定
320列CT
H22年に導入したDXA装置により、全身、腰椎、大腿骨の骨密度等を高い精度で測定。骨折リスクの評価に優れます。

320列CT

320列CTCTは平成20年に全国で8番目、三重県では初の導入となった320列マルチスライスCTです。
この装置により、心臓の冠動脈CT検査においても良好な画像が得られるようになりました。また64列CT装置も備えており、CTアンギオやCT-Colonography(大腸CT)等への期待も高いと考えます。

 

症例写真

症例写真1
症例写真1
症例写真2
症例写真2
心臓画像
心臓画像
 

1.5T MRI


MRIMRIについては、平成19年の装置更新により最新式の1.5テスラ超伝導MRI装置を導入しました。
これにより診断精度の向上だけでなく、撮影時間が短縮され、患者さんへの負担を大きく軽減することができました。また、予約待ち日数も少なくすることが可能となりました。

症例写真

脳動脈瘤
脳動脈瘤
椎間板ヘルニア

PET


PET PETにおいてはその役割は大きく、“がん”の確定診断、病期診断、転移・再発診断、原発巣の検索診断に貢献しています。また、PET検診も毎年増加傾向にあり、がんの早期発見への期待も高まっております。

検査対象者の約6割が検診を目的としています(がん発見率:1.99% H18.3〜H23.3)。

PETハンドブック(pdf)
PET検査についての詳細が多く掲載されております。検査と受ける前に、ご一読ください。
PageTop