病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医 休診・代診のご案内
入院のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
お問い合わせ先
診療実績・臨床指標
学術活動
臨床研究情報
調達情報
リンク
病院広報誌
ご意見箱
個人情報保護方針
医療安全管理指針
感染管理指針
バリアフリー情報
情報公開

平成27年度 四日市羽津医療センター 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 43 71 86 169 259 459 587 954 1033 628

年齢階級別患者数は、平成27年度中に当院を退院した患者さんの年齢を10歳刻みで集計したものです。
退院患者さんの年齢構成を調べると、その病院の特徴をある程度知ることが出来ます。
※平成27年度に退院した患者さんを対象としており、入院した時点の年齢で集計しています。
当院は、地域の中核病院として幅広い年齢層の患者さんにご利用いただいておりますが、特に70歳以上の患者さんが約60%を占めています。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで) ファイルをダウンロード


内科




DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数
(自院)
平均在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx03xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。)
内視鏡的消化管止血術等 定義副傷病 なし
510 2.2 2.8 0.0 63.2
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上)
手術なし 手術・処置等2 なし
99 13.7 14.3 5.1 75.9
100070xxxxxxxx 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。) 75 14.3 15.3 1.3 64.7

内科では、大腸の良性疾患(大腸ポリープ)の患者数が1番多くなります。平均在院日数は2.2日と全国平均と大きな差はありません。次に多い疾患は肺炎で、平均在院日数は全国平均より短くなっています。平均年齢は少し高くなり、転院する方も他の疾患と比べ高くなります。次の糖尿病は教育入院目的の患者さんが多くなり、平均在院日数は全国平均より1日短くなっています。



外科




DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数
(自院)
平均在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060245xx97xxxx 内痔核 手術あり 135 7.6 6.0 0.7 53.7
060235xx97xxxx 痔瘻 手術あり 109 8.8 6.9 0.0 39.3
060100xx03xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む)
内視鏡的消化管止血術等定義副傷病なし
90 2.3 2.8 0.0 68.0

外科では、内痔核・痔瘻が上位になり、当院の特長と言えます。
2つとも平均在院日数は全国平均より長いですが、専門病院という事で、複雑な状況の患者さんが多いと考えられます。比較的若い方が多いため平均年齢は低くなります。



循環器科




DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数
(自院)
平均在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし
手術・処置等1 1あり 手術・処置等2なし
定義副傷病 なし
132 3.0 3.1 0.0 69.5
050050xx0200xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等
手術・処置等1 なし、1,2あり
手術・処置等2 なし
114 5.5 4.9 0.0 69.9
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1 なし
手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし
57 19.9 18.3 3.5 84.9

循環器では狭心症のカテーテル検査及び治療が上位となります。
どちらも平均在院日数は全国平均と大きな差はありません。
次の心不全は緊急入院が多く、平均在院日数も長くなります。高齢の方が多く、その後リハビリ等で転院する例が多いため、転院率は他の疾患と比べ高くなります。




泌尿器科




DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数
(自院)
平均在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
11012xxx040x0x 上部尿路疾患 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術
(一連につき)
手術・処置等1 なし 定義副傷病 なし
101 1.7 2.9 1.0 50.4
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等
手術・処置等1 なし 定義副傷病 なし
83 4.0 5.9 1.2 62.3
110420xx97xx0x 水腎症(その他) その他の手術あり
定義副傷病 なし
41 2.9 5.5 2.4 71.6

泌尿器科では、結石治療の入院が多くなっています。結石治療の中で、体外衝撃波腎・尿管結石破砕術を行う場合、平均在院日数が1.7日となり、経尿道的尿路結石除去術を行う場合は4.0日といずれも全国平均より短くなっています。




整形外科




DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数
(自院)
平均在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 50 53.2 28.7 2.0 84.6
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。)
手術なし 定義副傷病 なし
40 54.4 21.5 2.5 77.9
160800xx99xx0x 股関節大腿近位骨折 手術なし 定義副傷病 なし 17 34.2 16.8 0.0 81.5

整形外科では、大腿骨骨折が一番多く、平均在院日数は全国平均と比較してかなり長くなっています。理由として考えられることは、退院後在宅で円滑に過ごしていただくため、手術後のリハビリが充実しており、転院率は低くなっています。
次の腰椎圧迫骨折も同様のことが言えます。
両疾患とも高齢者が多いと言えます。




眼科




DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数
(自院)
平均在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり 片眼 79 4.0 3.0 0.0 77.4
020110xx97xxx1 白内障、水晶体の疾患 手術あり 両眼 - - 8.4 - -
020210xx99xxxx 網膜血管閉塞症 手術なし - - 4.4 - -

眼科では、当院の入院症例はほとんど白内障となります。1入院で片眼の手術と両眼の手術を行われる場合があります。平均年齢は高く、平均在院日数は全国平均より若干長くなっています。

※10未満の数値の場合は-(ハイフン)




産婦人科




DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数
(自院)
平均在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
12002xxx02x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮筋腫摘出(核出)術
腟式等 手術・処置等2 なし
14 4.1 3.4 0.0 49.8
120090xx97xxxx 生殖器脱出症 手術あり 14 8.0 9.5 0.0 69.6
120230xx01xxxx 子宮の非炎症性障害 子宮全摘術 12 10.3 11.1 0.0 50.2

産婦人科では、子宮筋腫及び子宮脱の手術の患者さんが多く、平均年齢も比較的低くなります。
平均在院日数は全国平均と大きな差は見られません。




小児科




DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数
(自院)
平均在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x1xxx0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳未満)
手術・処置等2 なし
32 4.4 5.7 0.0 4.6
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 15 5.1 6.3 0.0 5.4
040070xxxxx0xx インフルエンザ、ウイルス性肺炎
手術・処置等2 なし
13 5.2 5.5 0.0 2.8

小児科では、ほとんどが緊急入院となり肺炎、喘息等呼吸器疾患が多くなります。
平均在院日数は全国平均より短くなっています。




呼吸器外科




DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数
(自院)
平均在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx9900xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし
手術・処置等2 なし
- - 15.0 - -
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全
手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし
定義副傷病 なし
- - 13.6 - -
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2 なし - - 13.0 - -

※診療科別症例トップ5は、それぞれの診療科が多く取り扱っている疾患を示しています。当院が得意としている分野を示しているとも言えます。また、平均在院日数を自院とDPC平均を比較することで、それぞれの診断群が如何に効果的に診療を行っているかを評価することが出来ます。入院期間Ⅱが日本のDPC対象病院の平均値を示していますのでそれよりも当院の方が短い場合は当院が効率的な診療を行っているという事になります。逆に長い場合は診療プロセスに問題がある可能性があります。今後、その原因を確認して改善に努めなければなりません。転院率は疾患の特性がありますので、転院率の高低を問題にすることは出来ません。平均年齢についても同様です。

※10未満の数値の場合は-(ハイフン)



初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数 ファイルをダウンロード





初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 18 6 7 5 9 14 1 7
大腸癌 22 22 26 10 47 40 1 7
乳癌 27 12 2 0 0 9 1 7
肺癌 0 0 0 0 0 5 1 7
肝癌 6 7 1 2 3 21 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

初発の5大癌のUICC病期分類並びに再発の実患者数を示しています。
StageⅠが進行度が低く、StageⅣが最も進行した病期を表します。StageⅢ、StageⅣになるにつれて再発率が高くなります。この表を他の病院と比較することで、当院がどのような症例を取り扱っているのかが分かります。
早期がんの割合は、胃癌で40%、大腸癌で27.5%、乳癌で66%となっています。
当院は健診施設を併設しているため、健診で早期発見された患者さんの受診が多く、早期の割合が高くなると考えています。

成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード







患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 70 17.9 70.7
重症度 1 35 17.7 73.1
重症度 2 24 11.8 78.8
重症度 3 14 22.4 85.5
重症度 4 4 24.5 88.8
重症度 5 2 1.0 88.5
不明 0 0.0 0.0

成人の市中肺炎の重症度と平均在院日数、平均年齢を示しています。重症度が上がるほど在院日数が延びる傾向が見て取れます。また、高齢者ほど重症度が高くなる傾向があります。
重症度0は肺炎のみならず他の疾患が合併してるため在院日数が長くなっています。肺炎の重症度分類について
日本呼吸器学会「呼吸器感染症に関するガイドライン」の5.肺炎の重症度分類 によれば、肺炎患者の生命予後という点から、以下の症状、所見、背景因子から重症度を分類しています。身体所見、年齢による肺炎の重症度分類(A-DROPシステム)
1. 男性70歳以上、女性75歳以上
2. BUN21mg/dl以上または脱水あり
3. SpO2 90%以下(PaO2 60Torr以下)
4. 意識障害
5. 血圧(収縮期)90mmHg以下これらの項目により、以下のように重症度分類を行います。
軽  症:上記5つの項目の何れも満足しないもの
中等度:上記項目の1つまたは2つを有するもの
重  症:上記項目の3つを有するもの
超重症:上記項目の4つまたは5つを有するもの
ただし、ショックがあれば1項目のみでも超重症とするさらに、軽症(該当項目0)であれば外来治療、中等症(該当項目1つまたは2つ)であれば外来若しくは入院治療、重症(該当項目3つ)であれば入院治療、超重症(該当項目4つまたは5つ)であればICU入院、といった判断の基準となります。市中肺炎とは普段の社会生活を送っている中で罹患した肺炎のことを言います。高齢者では症状がはっきりしない場合もあり,出来るだけ早期に適切な抗菌薬を適切な量と期間投与する必要があります。当院では入院患者の中で最も多い症例であり、その中でも最も「軽症」~「中等症」の症例が多く、全体の約87%を占めています。年齢が高いほど重症度が高くなる傾向にあります。

脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード







ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 - 0 0.0 0.0 0.0
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 - 0 0.0 0.0 0.0
I63$ 脳梗塞 3日以内 23 28.7 76.8 4.3
その他 3 41.7 74.7 0.0
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - 0 0.0 0.0 0.0
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - 0 0.0 0.0 0.0
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> - 0 0.0 0.0 0.0
I679 脳血管疾患,詳細不明 - 0 0.0 0.0 0.0

脳梗塞とは脳に十分な血液が供給されなかったために脳が損傷を受けた状態を指します。広い意味での脳梗塞に分類される病態には脳を栄養する動脈が細くなったり詰まったりして脳に十分な血液が供給されていないもののまだ脳は損傷を受けておらず、そのまま放置した場合に脳が損傷を受ける可能性があるものがあります。このような場合に細い動脈を拡げたり、十分な血流が得られていない領域に他から血管をつないで血流を供給するなどの治療が行われます。原因別にこれらの区別を行ったのが「脳梗塞のICD10別患者数」の表です。
当院で多い「I63$」は脳に血液が供給されないことで脳が損傷を受けた症例で多くは発症直後に救急車で病院を受診します。後遺症が残ることも多く、長期間のリハビリテーションが必要なために在院日数が長く、リハビリテーション専門病院に転院する患者さんも多くなります。
当院では、脳の疾患に対して、外科的治療など積極的治療は行わないため、治療が必要な場合は転院して他院で治療をしていただくことになります。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード


内科




Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸粘膜切除術2cm未満 437 0.1 1.1 0.0 62.4
K721-21 内視鏡的大腸ポリープ切除術(長径2cm未満) 73 0.3 1.3 0.0 62.9
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみ) 21 2.7 5.5 0.0 75.6

内科では、内視鏡でのポリープ切除が多く、ほとんどが手術日に入院し、翌日退院となります。
また、内視鏡的乳頭切開術は、術前検査を入院後に行うため、術前日数が2.7日となっています。



外科




Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7434 痔核手術(脱肛を含む。) 根治手術 126 1.0 6.0 0.0 51.1
K7462 痔瘻根治手術(複雑) 109 1.1 8.1 0.0 37.7
K7211 内視鏡的結腸粘膜切除術2cm未満 71 0.1 1.0 0.0 68.0

外科では肛門手術が多く、ほとんどの方がクリニカルパスでの入院となるため、術前1日、術後約1週間の入院となります。



循環器科




Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術 その他のもの 92 1.7 4.5 0.0 69.1
K5463 経皮的冠動脈形成術 その他のもの 21 0.9 2.9 0.0 69.5
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術 急性心筋梗塞に対するもの 14 0.0 10.7 0.0 63.6

循環器科では経皮的冠動脈ステント留置術が一番多く、ほとんどの方がクリニカルパスでの入院となるため、術前約1日、術後4~5日間の入院となります。



泌尿器科




Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき) 103 0.0 0.7 2.9 49.2
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 58 0.1 0.7 1.7 69.8
K7811 経尿道的尿路結石除去術 レーザーによるもの 50 0.8 2.9 0.0 60.2

泌尿器科では結石治療の入院が多くなっています。その中でも体外衝撃波腎・尿管結石破砕術が一番多く、手術日に入院し翌日退院されます。



整形外科




Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿 19 4.8 67.7 0.0 81.9
K0462 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿 11 2.0 45.2 0.0 56.9
K0463 骨折観血的手術 鎖骨、膝蓋骨、手(舟状骨を除く。)
足、指(手、足)その他
10 1.6 39.8 0.0 50.8

整形外科では、緊急入院が多く術前日数は患者さんによってばらつきがあり、術後日数も、リハビリ等の状況で差が出ます。



眼科



Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術 眼内レンズを挿入する場合 その他のもの 87 0.9 2.8 0.0 76.4
K270 虹彩光凝固術 - - - - -

眼科では白内障の入院となり、ほとんどの方がクリニカルパスでの入院となるため、術前1日、術後3日の入院となります。

※10未満の数値の場合は-(ハイフン)



産婦人科




Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K867-3 子宮頸部摘出術(腟部切断術を含む。) 13 1.0 2.0 0 49.8
K877 子宮全摘術 13 1.0 8.4 0 49.2
K8654 子宮脱手術 腟壁形成手術及び子宮全摘術(腟式、腹式) 10 1.0 7.5 0 67.1

婦人科では子宮の手術が多く、ほとんどの方がクリニカルパスでの入院となるため、術前1日、術後約1週間の入院となります。



小児科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0011 皮膚切開術(長径10cm未満) - - - - -

※10未満の数値の場合は-(ハイフン)



呼吸器外科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術 部分切除 - - - - -

※10未満の数値の場合は-(ハイフン)



※診療科別主要手術トップ5とその術前、術後日数を示しています。それぞれの診療科が多く実施している術式が掲載されています。予定入院手術(入院前に手術が決まっていて、それに合わせて入院する手術)では術前日数が0~1日になっています。一部はまだ2~3日になっているものもありますが次第に短縮されてきています。術後日数は手術の侵襲度に影響されます。侵襲度の高い手術では長く、低い手術では短くなります。内視鏡やカテーテルを使用した手術はそれ以外の手術に比べて侵襲度が低く術後日数が短くなります。




その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率) ファイルをダウンロード




DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 5 0.1
異なる 11 0.3
180010 敗血症 同一 14 0.3
異なる 22 0.5
180035 その他の真菌感染症 同一 0 0.0
異なる 2 0.0
180040 手術・処置等の合併症 同一 15 0.3
異なる 13 0.3

ここに挙げられる播種性血管内凝固症候群や敗血症は、重症な症例を取り扱う急性期医療機関ではその治療を行っているため臨床上ゼロにはなりえないものの少しでも改善すべきものとして考えられます。
これらの疾患は基礎となる疾患を有していることが一般的であり、基礎となる疾患をDPCコードとすべきか、播種性血管内凝固症候群や敗血症を最終的な請求コードとすべきか判断に迷う場合もあります。これらのDPCコードが全く無いとすれば重症な症例を扱っている医療機関としては不自然ですし、多すぎることも問題となりますので、実際の診療内容をみて判断することになります。
当院での播種性血管内凝固症候群・その他の真菌症発症率は全体で18人と多く、入院契機と異なる疾患が多く占めていました。全体的に、入院契機が異なるものが多く、即ち入院中に基礎疾患が重症化したものが多い傾向であることが分かりました。

更新履歴
 

 

2016/09/20
新規掲載
PageTop