病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医 休診・代診のご案内
入院のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
お問い合わせ先
診療実績・臨床指標
学術活動
臨床研究情報
調達情報
リンク
病院広報誌
ご意見箱
個人情報保護方針
医療安全管理指針
感染管理指針
バリアフリー情報
情報公開

平成29年度 四日市羽津医療センター 病院指標

医療法における病院等の広告規制について(厚生労働省)
  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 103 59 115 217 401 522 721 952 648 147

 

年齢階級別患者数は、平成29年度中に当院を退院した患者さんの年齢を10歳刻みで集計したものです。

※平成29年度に退院した患者さんを対象としています。
※自費、労災で診療された分は集計に含んでいません。
※入院した時点の年齢で集計しています。
当院は、地域の中核病院として幅広い年齢層の患者さんにご利用いただいておりますが、特に60代以上の患者さんが約64%を占めています。


診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード


内科






DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060035xx99x00x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 37 2.05 7.21 0.00 76.89  
060050xx0300xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法(一連として)等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 35 11.09 8.43 0.00 76.37  
060100xx03xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 27 7.52 7.21 0.00 66.74  
100070xx99x000 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 85歳未満 25 13.16 11.16 0.00 59.80  
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 手術・処置等2 なし 24 11.58 11.44 0.00 7.63  

 
内科は、結腸の悪性腫瘍(内視鏡的大腸粘膜切除術)の患者数が一番多くなります。平均在院日数は2.05日でした。次に多い疾患は肝・肝内胆管の悪性腫瘍(肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼法)で、平均在院日数は11.09日でした。




循環器科






DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 1あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 79 3.00 3.03 2.53 67.73  
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1 なし、1,2あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 70 4.80 4.62 0.00 66.89  
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 25 19.52 17.71 4.00 83.40  
050030xx97000x 急性心筋梗塞(続発性合併症を含む。)、再発性心筋梗塞 その他の手術あり 手術・処置等1 なし、1あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 23 8.04 12.72 0.00 62.70  
050210xx97000x 徐脈性不整脈 手術あり 手術・処置等1 なし、1,3あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 20 9.15 11.21 0.00 74.75  

 
循環器科は、狭心症が上位となっていました。心不全は、緊急入院が多く、平均在院日数が長くなります。高齢の方が多く、その後リハビリ等で転院する例が多いため、転院率はほかの疾患と比べて高くなります。




小児科






DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他)   副傷病:なし 14 3.57 5.94 0.00 1.71  
040100xxxxx00x 喘息   手術・処置等2:なし 副傷病:なし 14 4.50 6.32 0.00 2.50  
040070xxxxx0xx インフルエンザ、ウイルス性肺炎   手術・処置等2:なし 12 4.67 6.03 0.00 3.25  
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎   手術・処置等2:なし 10 3.40 5.50 0.00 4.10  
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) なし 手術・処置等2:なし 副傷病:なし - 4.63 5.70 0.00 4.63  

 
小児科は、ほとんどが緊急入院となり、気管支炎、喘息等呼吸器疾患が多くなります。
※患者数が10件未満の場合、「-」(ハイフン)で示しています。




外科






DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060245xx97xxxx 内痔核 手術あり 84 6.99 5.71 0.00 52.05  
060235xx97xxxx 痔瘻 手術あり 62 6.87 6.23 0.00 39.44  
060220xx97xxxx 直腸脱、肛門脱 手術あり 59 9.95 9.83 0.00 61.17  
060230xx97xxxx 肛門周囲膿瘍 手術あり 52 8.21 8.44 0.00 35.83  
060180xx99x0xx クローン病等 手術なし 手術・処置等2 なし 49 3.82 8.81 0.00 35.67  

 
外科は、内痔核、痔瘻等肛門系疾患が上位になります。2つとも平均在院日数は全国平均より長くなっていますが、専門病院ということもあり複雑な状況の患者さんが多いと考えられます。比較的若い方が多いため平均年齢が低くなります。クローン病患者が多いことも当院の特徴といえます。平均在院日数は3.81日でした。




整形外科






DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 定義副傷病 なし 37 52.92 19.94 2.70 80.62  
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 23 61.74 27.09 8.70 84.65  
070370xx99xxxx 脊椎骨粗鬆症 手術なし 19 62.84 22.44 0.00 81.3  
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 定義副傷病 なし 17 9.00 5.21 0.00 59.06  
070370xx97x1xx 脊椎骨粗鬆症 その他の手術あり 手術・処置等2 あり 16 68.13 43.15 6.25 82.00  

 
整形外科は、胸椎骨折が一番多く、平均在院日数はかなり長くなっています。退院後在宅で円滑に過ごしていただくため、手術後のリハビリが充実していることが理由として考えられます。そのため転院率が低くなっています。次の股関節大腿近位骨折も同様のことが言えます。両疾患ともに高齢の方が多いと言えます。




泌尿器科






DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 手術・処置等1 なし 定義副傷病 なし 74 3.89 5.75 0.00 60.86  
110420xx97xx0x 水腎症(その他) その他の手術あり 定義副傷病 なし 50 3.50 5.17 0.00 73.00  
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病 なし 20 6.75 12.34 0.00 63.80  
11012xxx040x0x 上部尿路疾患 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき) 手術・処置等1 なし 定義副傷病 なし 16 1.19 2.73 0.00 59.94  
11013xxx06xxxx 下部尿路疾患 膀胱結石、異物摘出術 経尿道的手術等 12 3.00 5.74 0.00 69.50  

 
泌尿器科では、結石治療の入院が多くなります。結石治療の中で経尿道的尿路結石除去術を行う場合は3.89日、体外衝撃波腎・尿管結石破砕術を行う場合、平均在院日数が1.19日となり、いずれも全国平均よりも短くなっています。




婦人科






DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120230xx01xxxx 子宮の非炎症性障害 子宮全摘術 19 10.47 10.58 0.00 47.26  
12002xxx02x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮筋腫摘出(核出)術 腟式等 手術・処置等2 なし - 4.00 3.25 0.00 44.25  
120070xx01xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 開腹によるもの等 - 10.33 10.27 0.00 49.33  
120090xx97xxxx 生殖器脱出症 手術あり - 7.67 9.27 0.00 69.67  
12002xxx03x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮内膜掻爬術 手術・処置等2 なし - 1.00 2.55 0.00 55.40  

 
産婦人科は、子宮の非炎症性障害の患者さんが多く、平均年齢は、比較的低くなります。平均在院日数は10.47日と全国平均と大きな差はありません。
※患者数が10件未満の場合、「-」(ハイフン)で示しています。



初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード





  初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 18 - - 20 - 44 1 7
大腸癌 31 13 18 21 68 20 1 7
乳癌 15 - - - - - 1 7
肺癌 - - - - - - 1 7
肝癌 11 - - - - 44 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

 
初発の5大癌のUICC病期分類並びに再発の実患者数を示しています。
StageⅠが進行度が低く、StageⅣが最も進行した病期を表します。
StageⅢ、StageⅣになるにつれて再発率が高くなります。
StageⅠ、StageⅡの症例は切除手術を行う症例が多く、StageⅣ、再発症例は化学療法治療を行うことが多くあります。
大腸癌の疑いで内視鏡治療を行う場合、Stageが不明となります。
※UICC第7版による
※患者数は実患者数:同一の患者が複数回入院しても1とカウントされます。
※患者数が10件未満の場合、「-」(ハイフン)で示しています。

成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード





  患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 19 9.26 41.47
中等症 95 26.75 77.32
重症 19 22.89 83.42
超重症 - 18.00 93.00
不明 - 0.00 0.00

 
最も医療資源を投入した傷病名が肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(DPC 040080相当)で、さらにその中でもICD10コードがJ13~J18で始まるもの。
※インフルエンザ等、ウイルス性肺炎(DPC040070相当)、誤嚥性肺炎(DPC040081)は除外。
また、市中肺炎であるので入院後発症の肺炎、一般病棟外からの転入、他院からの転院も除外する。成人の市中肺炎の重症度と平均在院日数、平均年齢を示しています。重症度が上がるほど在院日数が延びる傾向が見て取れます。また、高齢者ほど重症度が高くなる傾向があります。


※患者数が10件未満の場合、「-」(ハイフン)で示しています。
◆肺炎の重症度分類について
日本呼吸器学会「呼吸器感染症に関するガイドライン」の5.肺炎の重症度分類 によれば、肺炎患者の生命予後という点から、以下の症状、所見、背景因子から重症度を分類しています。
 身体所見、年齢による肺炎の重症度分類(A-DROPシステム)
 ①男性70歳以上、女性75歳以上
 ②BUN21mg/dl以上または脱水あり
 ③SpO2 90%以下(PaO2 60Torr以下)
 ④意識障害
 ⑤血圧(収縮期)90mmHg以下
これらの項目により、以下のように重症度分類を行います。
重症度0:上記5つの項目の何れも満たさないもの   :軽症
重症度1:上記項目の1つを有するもの        :中等症
重症度2:上記項目の2つを有するもの         :中等症
重症度3:上記項目の3つを有するもの         :重症
重症度4:上記項目の4つを有するもの        :超重症
重症度5:上記項目の全てを有するもの        :超重症


さらに、軽症(該当項目0)であれば外来治療、中等症(該当項目1つまたは2つ)であれば外来若しくは入院治療、重症(該当項目3つ)であれば入院治療、超重症(該当項目4つまたは5つ)であればICU入院、といった判断の基準となります。市中肺炎とは普段の社会生活を送っている中で罹患した肺炎のことを言います。高齢者では症状がはっきりしない場合もあり出来るだけ早期に適切な抗菌薬を適切な量と期間投与する必要があります。
当院では入院患者の中で最も多い症例です。「重症度0」~「重症度2」の中等症までの症例が多く、全体の約73%を占めています。
年齢が高いほど重症度が高くなる傾向にあります。

脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード

発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 11 17.45 20 76.64
その他 2 106.50 0 77.00

 
当院では、脳の疾患に対して外科的治療等の積極的治療は行わないため、治療が必要な場合は転院して他院で治療をしていただくことになります。
脳梗塞の後遺症で地域包括ケア病棟でリハビリ等を行う場合があるため、平均在院日数が長くなっています。
※患者数が10件未満の場合、「-」(ハイフン)で示しています。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード


内科






Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 448 0.18 1.06 0.22 63.93  
K721-4 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 36 0.86 5.97 0.00 68.03  
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) 35 0.14 3.26 2.86 57.63  
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 24 1.00 8.67 0.00 74.33  
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 22 1.14 10.82 0.00 76.64  

 
内科では、内視鏡的大腸ポリープ切除術が多く、ほとんどが手術日に入院し、翌日退院となります。




循環器科






Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 62 1.47 2.76 0.00 67.23  
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) 19 0.00 7.11 0.00 63.58  
K597-2 ペースメーカー交換術 16 1.00 7.25 0.00 75.31  
K5463 経皮的冠動脈形成術 その他のもの 12 1.25 3.42 0.00 67.58  
K5972 ペースメーカー移植術 経静脈電極の場合 - 1.50 7.67 0.00 74.83  

 
循環器科では、経皮的冠動脈ステント留置術が一番多く、ほとんどの方がクリニカルパスでの入院となるため、術前約1日の入院となります。
※患者数が10件未満の場合、「-」(ハイフン)で示しています。




外科






Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7434 痔核手術(LE) 135 1.05 5.60 0.00 52.15  
K7462 痔瘻根治手術(複雑) 122 1.01 5.66 0.00 38.21  
K6335 鼠径ヘルニア手術(クーゲル法) 56 1.05 2.09 0.00 65.02  
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 42 1.31 5.60 0.00 64.67  
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 35 0.03 1.00 0.00 70.29  

 
外科では、肛門手術が多く、ほとんどの方がクリニカルパスでの入院となるため、術前約1日、術後約1週間の入院となります。




整形外科






Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 29 5.10 53.55 10.34 80.07  
K0483 骨内異物(挿入物)除去術(前腕) 17 0.24 2.12 0.00 58.59  
K0462 骨折観血的手術(前腕) 15 2.07 18.33 0.00 60.27  
K0811 人工骨頭挿入術(股) 14 5.57 46.64 0.00 82.21  
K0463 骨折観血的手術(膝蓋骨) 12 2.00 24.83 0.00 54.17  

 
整形外科では、緊急入院が多く、術前日数は患者さんによってばらつきがあり、術後日数もリハビリの状況で差が出ます。




眼科






Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術 眼内レンズを挿入する場合 その他のもの 84 0.98 2.23 0.00 75.50  
K2821イ 水晶体再建術 眼内レンズを挿入する場合 縫着レンズを挿入するもの - 1.00 6.00 0.00 86.00  
K2822 水晶体再建術 眼内レンズを挿入しない場合 - 1.00 2.00 0.00 86.00  
               
               

 
眼科では、白内障の入院となり、ほとんどの方がクリニカルパスでの入院となるため、術前1日、術後2日の入院となります。
※患者数が10件未満の場合、「-」(ハイフン)で示しています。




泌尿器科






Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術 139 0.03 0.69 0.00 52.40  
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 61 0.11 3.25 0.00 71.20  
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 50 0.48 2.18 0.00 58.54  
K7812 経尿道的尿路結石除去術(その他) 26 1.23 2.08 0.00 64.31  
K7981 膀胱結石摘出術(経尿道的手術) 13 0.69 1.69 0.00 68.46  

 
泌尿器科では、結石治療の入院が多くなっています。その中でも体外衝撃波腎・尿管結石破砕術が一番多く、手術日に入院し翌日退院されます。




婦人科






Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K877 子宮全摘術 20 1.00 8.45 0.00 47.70  
K867-3 子宮頸部摘出術(腟部切断術を含む。) - 1.00 2.00 0.00 44.25  
K861 子宮内膜掻爬術 - 0.00 0.17 0.00 56.67  
K8654 子宮脱手術(腟壁形成手術及び子宮全摘術)(腟式、腹式) - 1.00 6.20 0.00 68.80  
K8881 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(開腹) - 1.00 8.40 0.00 48.00  

 
婦人科では、子宮の手術が多く、ほとんどの方がクリニカルパスでの入院となるため、術前約1日、術後約1週間の入院となります。
※患者数が10件未満の場合、「-」(ハイフン)で示しています。



その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード




DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - 0.05
異なる - 0.23
180010 敗血症 同一 - 0.18
異なる 26 0.67
180035 その他の真菌感染症 同一 - 0.03
異なる - 0.10
180040 手術・処置等の合併症 同一 28 0.72
異なる 18 0.46

 
この指標は、医療の質の改善に資するため、臨床上ゼロにはなり得ないものの、少しでも改善すべきものとして、入院契機病名(入院のきっかけとなった病名)との同一性の有無を区別して患者数と発生率を出しております。減少することができるよう努力を続けてまいります。
※患者数が10件未満の場合、「-」(ハイフン)で示しています。


【更新履歴】

 

 

2018/9/27


新規掲載
PageTop